ai ニュース

患者等の搬送認定 ai福祉タクシーが平成25年7月取得


 『ai福祉タクシー』=津市美里町家所=が、平成25年7月から始まった津市消防本部による「患者等搬送事業認定」を受けた。
  患者等搬送事業認定は、重篤患者を搬送する救急車を呼ぶほどの緊急性がない人の入院・通院・転院や各種福祉施設への送迎などを提供する民間のサービス。高齢者や身体障害者が主に利用している一般的な福祉タクシー業者もこのような業務を行っているが、この認定制度では、車両にバックバルブマスクなど救急用資器材を揃えることに加え、搬送担当者にも応急処置の知識と技術習得を義務付けるなど利用者の安心・安全を守るために事業者側に厳しい基準を設けているのが特長。証定期限は5年。更新には2年毎の講習受講が必要となる。
  同様の認定制度は平成20年頃より東京で始まり、救急出動の負担穏和や救急車が確実に不足する大規模災害発生時に備え、全国に広がっている。津市消防本部管内でも昨年度の救急車出動件数が初めて1万3000件を超え、その内の半数以上が軽症者という現状があるため、その緩和への貢献も期待されている。
  ai福祉タクシーでは、ワンボックスカーを改造した専用の福祉車両を使っており、車椅子だけでなく、ストレッチャー両方に対応できる業者として認定を受けている。

  ai福祉タクシーへの問い合わせはフリーダイヤル0120-898-113

(ふるさと新聞より転載)